出会い系プロフィールで写真を使っていない方、
面倒くさくてイケてない写真のまま掲載している人は10割損をしています!

上手な写真の撮り方のコツを把握して、相手にいい印象を与えてみましょう。

でも、出会い系に使う写真ってどういう写真がいいんだろう?
どうやって上手に撮れるんだろう?
と写真慣れしていない人はかなり悩んでしまいます。

女性とは違って、男性の多くは自分で写真を撮る機会も少ないのではないでしょうか。
実際に写真で撮ってみても「なんか違う」と思う人も多いはずです。
ではどういう撮り方をすれば好印象を与える写真になるのでしょうか。

出会い系サイトに使う写メの取り方 機材は?前準備は?

現在使用しているスマホで十分です。
最近のスマホは画素数も多く、
画質も大変綺麗なのでスマートフォンを利用している方は
改めてカメラなどを用意する必要はありません。

ガラケーを利用している方は、出来ればデジカメなどを用意しましょう。
安いものだと1万円程度で購入することが出来ます。
わざわざカメラを用意するのはちょっと…という方は、
ガラケーでも綺麗な写真を撮るコツをご紹介します。

出会い系サイトに使う写メの取り方 いろんなパターンで自撮りしてみよう

イケメンすぎて困ってしまうという男性の場合、キメた顔でも良いと思います。

が、そのキメ顔よりはやさしそうなニッコリした笑顔の写真のほうが
相手に安心感を与えることができますし、やさしそうな雰囲気も出てくるのでお勧めです。

スマホを構えて、誰もいない部屋で1人やさしそうな笑顔を出すのはかなり難しいのですが
そこは出会いのためだと割り切って頂いて、ニッコリと笑顔の写真を撮影してみましょう。

ヘン顔をしてみるのもアリ?
ニッコリ笑顔よりは反応は薄くなってしまうかもしれませんが、
あえてヘン顔をしてみるのもお勧めです。

というのも、中にはこの笑える顔に反応してくれる
同じくユニークな女性と知り合えるキッカケになります。

また、実際に会ったときに「ヘン顔より実物のほうが全然素敵!」
と思われるのでちょっとお得な事も!

グループ写真を切り取って使うのもアリ!
1人では撮れないポジティブで明るい笑顔のグループ写真を使ってみるのもお勧めです。
ここでグループ全員の写真を使ってしまうと「どれ?」となってしまうので、
その写真は自分の部分だけを切り抜いて使用しましょう。

グループ写真は、明るくて社交的な男性であることをアピールできますし、
自撮り写真では見られない最高の笑顔の写真となっているはずです。
明るくて社交的な男性は、自撮り写真よりも
こういったグループ写真の切り抜きを利用するのがお勧めです。

出会い系サイトに使う写メの取り方 綺麗で上手な写真を撮影してみましょう

コツは全部で4つ。
覚えておくと、今後写真を撮るときにも応用することが出来るので
是非この機会に上手な写真の撮り方をマスターしてみてください。

①蛍光灯の光よりも、太陽光!

蛍光灯などの電気の光の下で撮影した写真というのは、
太陽光の下で撮影した時にはない【影】が出てしまいます。

いくらニッコリ笑顔の写真でもその【影】のせいで暗い印象を与えてしまったり、
怖く見えてしまうので出来れば肌も綺麗に写る太陽光の下で撮影に挑んでみましょう。

②出来れば午前中や夕方に撮影!

太陽光も大切ですが、撮影する時間帯も重要です。
太陽光は、蛍光灯よりも光が自然でなめらかなので肌を綺麗に撮影することが出来るのです。

時間帯も重要で、お昼頃よりは朝日や夕日が綺麗な時間帯がお勧めです。
朝日や夕日は、昼間の日光よりやさしい印象の写真を撮影しやすくなるためです。

③真正面に構えるよりも、気持ち上から撮影!

真正面にカメラを構えるのも良いのですが、
カメラをほんの少しだけ上から撮影すると顔の輪郭など綺麗に撮影することが出来ますよ。

普段から自撮りをしている方の少し上からはもはや定番で当たり前なくらい、有名な撮影方法です。
更に、人は左側の顔が綺麗と言われているので左側が手前に来るように撮影するのもお勧めです。

④シチュエーションにこだわる!

笑顔も大切ですが、その笑顔の背景が汚部屋、
更に襟元ヨレヨレのシャツでは色々残念な写真になってしまいます。
細かいようですが、シチュエーションや背景にもしっかりこだわりましょう。

まず、服装は黒いスウェットよりも白いシャツを選びましょう。
顔写真だけが欲しいので、この際下は黒いスウェットでも問題はありません。

白いシャツは爽やかな印象を与えてくれるのでかなりお勧めです。
(Yシャツでの撮影はただの履歴書用写真になってしまうので、Yシャツは避けます)
髪型もきちんとセットします。

背景ですが、部屋が汚い場合は部屋が写りこまないように壁際で撮影するのも。
よく見かけるトイレや洗面所の鏡を使った写真は寒いだけなので絶対に避けましょう。
写真を撮るときは気持ちアゴを引きます。こうすることで顔全体がしまります。

ガラケーで綺麗な写真を撮るコツ

まずは使用している携帯電話のレンズをマイクロファイバーの布などを使って綺麗に磨きます。
ティッシュなどを使ってしまうとレンズを傷つけてしまう恐れがあるので注意が必要です。

シーンの選択も重要です。適当に写真を撮ってしまうよりも、
人物というシーンを選んでおくと普通に撮影をするよりも人物撮影向けの写真を撮影することが出来ます。

シーンモードを選べる機種なら是非”人物”を選んで撮影に挑んでみましょう。
また、フラッシュは基本的にオフ。フラッシュを使用するとのっぺり~とした写真になってしまいます。

写真に慣れていないと、色々面倒くさくなってしまいますが
何度も撮影を繰り返して”奇跡の1枚”と出会いましょう!!