ポイント型サイトや、月額制サイトなど出会い系サイトにはさまざまな種類がありますが、大手老舗と呼ばれている出会い系サイトのほとんどは必要に応じてポイントを前もって購入するポイント制を導入しています。出来れば、あまりポイントを消費せずに出会いを探したいものです。そこで、出会い系サイトでLINEを聞くタイミングはどのタイミングが最適なのかをご紹介していきます。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング 突然LINEを聞くのはNG!失礼です!

ポイントの残りを気にするばかり、プロフィールをチェックして1通目で
LINE交換しませんか?」は即ブロックの対象になってしまいます。

なんで知らない人にいきなりLINEを教えないといけないの?
と思いますし、ポイントを消費したくないから?
とケチな男性だと思われてしまうためこれは絶対にやってはいけません!

また、女性は1度に何十ものメッセージを男性から受け取ります。
その1通目が「LINE交換しよ^^」なんて人は絶対に返事も来ませんし、
スルーの対象になってしまうのです。

この1通もポイントを消費しているのは良くわかりますし、
出来れば少ないポイントで出会いを探したいのもわかるのですが
ファーストメッセージで「LINE交換しよ^^」は避けましょう。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング 交換の目安は話が盛り上がってきたら

ファーストメッセージの返事が来て、それから何度もラリーが続き
その内容が盛り上がっていることが前提となります。

ここで、オススメなのは趣味のお話も盛り上がりやすいので
オススメなのですが、一番は文字数いっぱいまで
使うことが出来るであろう話題の”相談ごと”です!

文字数をいっぱいまで使うことによって、

なんかいつも長文だし、ポイントも使わせちゃうから
LINE交換してもいいかな?

と思わせるように仕向けるのです。

突然知らない人と話を盛り上げるのは難しいのですが、
何度かメッセージのやり取りをして相談できる間柄になったら
もうこの作戦は成功したも同然です。

是非、それなりに仲良くなれた相手に”相談ごと”を持ちかけてみてください。

ちなみに、相談ごとは恋愛でも、仕事のことでも、
友人のことでも、今日の夕飯のことでも何でも良いと思います。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング LINE交換するまでのメールの数は?

話が盛り上がっていれば、2通でも3通でも良いと思いますが、
そんなに短いメッセージで突然盛り上がるのも無理だと思うので、
大体10通を目安にLINE交換の打診をしてみると良いかもしれません。

10通もやり取りをしていると、大体話も盛り上がってくることが多いですし、
相談ごとも持ち掛けやすくなります。

出会い系サイトに慣れてきたら、10通のメッセージを5通に減らして
自分なりのルールを設けて打診してみるのも良いかもしれません。

自分ルールというのはとても大事で、このルールを設けないと
いつまでも交換できない相手とだらだらと
やり取りを続けることになってしまいます。

そこで、10通やり取りをして交換できない相手は
キッパリあきらめる!という
自分なりのルールを設けておくことをオススメします。

自分が出来ることは、”この10通の間に出来るだけ
仲良くなる!”ということです。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング 月額制だから何通送っても一緒なんだけど?

ポイントではなく、月額いくらいくらのサイトの場合なのですが
こちらは1通送ろうが100通送ろうが
ポイントが減るということはないので
何度もメッセージを送ることが出来ます。

が、ダラダラと続けやすいのも
この月額制の出会い系サイトになります。

そこで、月額制の出会い系サイトの場合は
ポイント制サイトとはまた違うルールを設けておく必要があります。

オススメは、
”デートの約束を取り付けたら”、
”退会の期限が近づいてきたら”、
”相当仲良くなったと思ったら”

の3つのタイミングです。

デートの約束を取り付けた場合は、

「連絡先を知ってると一々サイトに
アクセスしないで良いしLINE交換しておかない?」、

退会の期限が迫っているときに

「もうこのサイトをやめようと思うんだけど、
〇〇さんとまだ話してたいしLINE交換しませんか?」、

相当仲良くなったと思ったら

「サイトにアクセスするのもちょっと面倒だし
LINEだと何かとラクだから交換しません?」

と適当な理由をつけやすくなりますし、
相手も「それもそうだね~」と思ってくれやすいのがポイントです。

月額制の出会い系サイトを利用している方は是非、
ポイント制サイトとは違う自分ルールを設けてみてください。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング こちらが提供した話題にノリノリでついてきてくれる

こちらが振った話題に対してすごくノってきてくれる相手というのは、
LINEの交換もしやすい相手になります。

同様に、相手が振った話題に、こちらが返事をして
さらにその返事に対してしっかりと反応してくれる相手も、
LINE交換しやすい相手になります。

これは、相手も自分も敬語でそこまで打ち解けていなくても
可能なタイミングになるのです。

非常に丁寧な文章の中にも、親しい感じがすれば
脈アリの可能性が高いので是非このタイミングで
LINE交換を切り出してみてはいかがでしょうか。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング 本名を名乗る

こちらが先に本名を名乗ることが重要です。

不思議なことに、本名を名乗る(それが偽名でも)と安心感が生まれ、
少しだけ警戒心を解くことが出来るのです。

安心感を持つということは、LINEなど連絡先を交換しても
大丈夫と思えるようになります。

本名はフルネームで名乗る必要はなく、
下の名前(出来れば漢字で!)を名乗るだけでもかなり違います。

最初にこちらが名乗って、相手にもさりげなく聞いてみて
教えてくれなかった場合はサイト内のニックネームで呼んでみましょう。

また、本名を名乗った後数度やり取りをすると、
案外スムーズにLINE交換が出来やすくなることも。

安心感を与える、というのはとても大事なことなので
是非最初に相手の警戒心を解く方法として覚えておいてください。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング こんな相手は逆に警戒してください!

・メールアドレスの交換を自分から持ちかけてくる女性
・話もそこそこ盛り上がっているのにいつまで経ってもLINEを教えてくれない女性
・1通目からLINE(メールアドレス)交換オッケーですよ!と言ってくる女性

これらは、メールアドレス収集目的の業者や、
キャッシュバッカーの可能性が非常に高いので
「おっ?LINE聞く手間が省けたぞ(笑)」

とうかうか交換してしまうと後で枕を濡らすことになってしまう恐れがあります。

一般の女性ユーザーはまず1通目で交換したり
自分から知らない相手にLINE交換を持ちかけたりとか絶対にありえません!

ですので、こういった女性とホイホイ交換してしまうのだけは絶対にやめましょう。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング そもそも初めの段階で確認してしまう

これはあまりオススメではないのですが、
交換できるかどうかの目安として最初に聞いてしまうという方法です。

仲良くなれたら、いずれLINE交換できますか?」と送ってみるのです。

仲良くなれたらいいよ!という場合は
一般ユーザーの可能性が高いのですが、
「メアドとかLINEは実際に会ってから交換しません?」
の場合はキャッシュバッカーや業者であることが多いのです。

ですので、これを最初に聞いて「いずれね」といった
返事をもらえない場合は、何通メッセージを送っても
LINEのIDは教えてくれないのでサッサと別の相手に切り替えていく必要がありそうです。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング 一番自然にLINEを聞けるタイミングとは?

やっぱり、デートの約束を取り付けてから、だと思います。

デートの約束が出来るということは、つまりそれなりに
仲良くなっている証拠ですし、実際に日時や時間指定、
当日の段取りなどいろいろ業務連絡をしなければならないことが増えるので
このタイミングは一番スムーズに相手のLINEを聞くことが出来るようになります。

重要なのは、聞きっぱなしにならないためにも
最初に自分のLINEのIDをしっかりと記載しておくことです。

その上で「まだ不安でしたら、サイト内のメッセージでもかまいませんので^^」
と一言添えておくと相手も安心です。

 

出会い系サイトでLINEを聞くタイミング まとめ

・デートの約束を取り付けた時
・相談ごとを持ちかけたり、持ちかけられたとき
・10通くらいのメッセージのラリーが続いたとき
・メッセージの返事+αが必ずついてくるとき

こういったタイミングはライン交換しやすいタイミングとなります。
是非、「ここぞ」というタイミングを見極めて効率よくLINE交換をしてみてください。